特長
  • カータークリーナーは専門の目的の為に配合され幅広い用途に活用されるよう作られた製品です。
  • 強力な洗浄力を有し、汚れに最適で火気に対する危険がありません。分解性が良好です。
用途
  • ガラス面の各種の油膜、虫などの除去
  • 内装、モケットシート、各種の布性のニコチン汚れなど
作業工程写真
  1. 未塗装の樹脂パーツやPPバンパーなどに付着して白くなってしまったワックスカスや汚れを落とす編
カータークリーナー商品写真
未塗装の樹脂パーツやPPバンパー・・・編

拡大

ワックスがうっかり付いてしまって白いカスが取れなくなっている所とか、 何年か乗って酸化が進み全体的に白っぽくなって古さを感じる部分も意外と蘇りますよ♪

 

拡大

とりあえず差が分かりやすいように、テープで境目を作ってみました。 そして少しだけカーターをスプレーします。
ブラシの方にスプレーした方が周りに飛び散らずキレイに作業できますよ♪
悪い例と言う事で…♪

 

拡大

では定番の使い古しの歯ブラシの登場です。シャカシャカっとブラッシングして下さい。
ボディーを擦らないように気をつけてくださいね。
溝の中の汚れをかきだす感じで。

 

拡大

落ちてきたなと思ったら、乾いたウエスで拭き取って下さいね。
おっ!結構キレイになってます♪
ただ完全に酸化して粉をふいていて、触ると手が黒くなるような物は、効果が出ないと思います。

 

拡大

仕上げで一応、濡れたウエスで拭くか水で流して洗剤分を流した方がいいと思います。
鈑金屋さんは、シリコン系の商品は使わない方がほとんどで、このやり方は結構、鈑金屋さん好みです♪